11月 3, 2011

2011 オーランド・カンファレンス

「つながろう」

安心感のある場所をもとめて

オーランド・ジャパニーズミニストリー主催

セカンドレベル・ミニストリー協賛

【日時】

1月15日(土)16:00〜19:30

ゲーム、賛美、ポットラック、聖書&スモールグループ

1月16日(日)10:30〜12:00

日本語礼拝 / 子供礼拝

【場所】

FIRST BAPTIST ORLANDO

3000 South John Young Parkway, Orlando, Florida 32805

Building E2 Room 215 (土曜) , 211 (日曜)

【スピーカー:トム・グールディー先生】

キャンパスクルセード・フォー・クライストでご活躍。日本に19年在住、キリストの愛を伝えていました。日本人が大好き!

【子供向けプログラムあります!】

子ども賛美、楽しい聖書のお話、工作など(3歳~中学生) 大人のプログラムの時間に合わせて行います。お子さん1人につき1日$5(シッター代、クラフト代)

両日共、席上献金を予定しております

参加者の声

「お互いをもっと深く知り合いたい」というオーランド在住クリスチャンの思いから立ち上がったこのイベント。「つながろう」というテーマのもと、多くの人が集まり、祝福された会となりました。このイベントは私が思っていた以上に、自分の信仰のあり方を考えるきっかけとなりました。
スモールグループに分かれてのディスカッションでは、20代から70代近くの方まで、世代を超えて5人のメンバーが集まるグループに参加しました。様々な試練を通ってきて、また今も通っておられる年配クリスチャン姉妹の「もう神様に委ねてるの。何も心配しないのよ。」という言葉は、毎日こうでもない、あーでもないとぐるぐる思い悩む私の心にストンと落ちていきました。

また、私たちの天のお父さんである神様にとって、「お父さん、助けてください。私はあなたの子どもですから。」と話しかけるあのおばあちゃまは、なんて愛おしく思えることだろうと思いました。

聖書を学ぶことも大事。それを実行することも大事。でも何より神様は「おとうさん」と助けを求め、信頼する、そんな素直な心を一番喜ばれるんじゃないかと改めて思いました。そのような心が欠けていた自分にも気付き、単純で素直な神様の子どもになりたいという思いをいただきました。

普段はじっくりお話しする機会のあまりない方たちと一緒に時間を過ごせたことが、想像していた以上に楽しかったです。また人生の先輩方に色んなことを教えていただき、とても貴重な機会でした。

2日目の日曜礼拝ではトム・グールディー先生がメッセージをしてくださいました。信仰を持って、リスクをかけてでも、大胆に正直に歩む信仰者のあり方を教わりました。「まあ、こんなものでもいいか」と人生に妥協するのではなく、神様はもっと大きい方なのだということに目をとめ、更なる祝福を求めていいのだということをルツとナオミの姿から知りました。また、神様のご計画は私たちの思いを遥かに超えて、すばらしいものだということも、ルツ記を通して見る事ができました。

私の思いや願いを、神様の前に正直に差し出し、知っていただきたい。また、思い煩う代わりに、主の偉大さに目を留めたい。そう思いました。

「つながろう」というテーマでしたが、これは人々がつながり始めるきっかけの中でも、本当に小さい機会でしかなくて、深い人間関係を築いていくのはまたこれからです。そんな中でも、このイベントを通して、新たに築かれつつある「つながり」もあります。神様、感謝します。これからも続けてイエス様がオーランドのクリスチャン、そして予備クリスチャンを祝福してくださいますように!

*関連リンク*

フロリダとジョージアのつながり

ホームステイプログラム

ファースト・バプテスト・オーランド