8月 17, 2011

救いとは

救いとはなんでしょう? 何から救われる必要があるのでしょう?

これまで見てきた「罪」「十字架」と救いはどう関係しているのでしょう。今のままの人生で満足している人はたくさんいるはずです。あなたももしかしたら、良い家族、たくさんの友達、お金、学歴、大切なものなどに囲まれているかもしれません。しかしそのようなものは、すべていつかはなくなってしまいます。

私たち自身でさえもいつかはこの世から消えていく者なのです。あなたはどこから来て、どこへ行くのでしょう? なぜあなたはこの世に存在しているのでしょう? あなた自身の人生の意味について考えたことはありますか?

私たちはみな、羊飼いから離れて迷った羊のようです、と聖書は言っています。なんのガイドもなく、どっちへ行けばいいかわからないのです (イザヤ53:6)。

すべての意味は、この世を、またあなたを造られた神様を知る事から始まります。上記のような問いも、神様を知ることによって、自分の存在の意味、人生そのものの意味さえも見出していく事ができます。

神様は、目的を持ってあなたの人生を形造り、救いの御手を差し出して下さっていますが、罪という性質のゆえ、神様から離れている私たちは意識的にも無意識にも自分中心の人生を送っています。

しかし、十字架でイエス様が死なれた事によって、私たちのすべての罪がゆるされました。十字架は、わたしのため、またあなたのためでもあったのです。

救いとは、今までの神様から離れていた歩みを悔い改め、イエス・キリストの十字架での罪のゆるしを、自分のためでもあったと信じ受け入れることによって、神様に喜ばれる状態になることです。

下記の救いへのステップを見てみましょう。ご自分が一つ一つを理解し、信じる事ができるか考え、祈ってみて下さい。

<< 救われるためには >>

1:自分が罪びとであることを認める。

ローマ書3章10節からを見てみましょう。

「義人はいない。ひとりもいない。悟りのある人はいない。神を求める人はいない。すべての人が迷いでて、みな、ともに無益な者となった。善を行う者はひとりもいない。」(10−12節)

「彼らの目の前には、神に対する恐れがない。」(18節)

「すべての人は罪を犯したので、神からの栄誉を受ける事ができず、」(23節)

詳しくは、「罪とは」を参照。

2:罪を悔い改める。

悔い改めるとは、心の方向転換をしようとすることです。

心の方向転換とは、自分が神から離れている事(罪の状態にいる事)、罪を犯してきた事(無意識的にであっても)、などに対しての間違いを認め、神が与えておられる真実の道へ進もうと決心することです。

3:キリストの愛とゆるしを感謝して受け入れる。

十字架については、「キリストの十字架とは」を参照。

ヨハネ3:16

神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を(世の一人一人を)愛された。それは御子(キリスト)を信じる者が、ひとりとして滅びる事なく、永遠のいのちを持つためである。

第二 コリント5:21

神は、罪を知らない方を、私たちの代わりに罪とされました。それは、私たちが、この方にあって、神の義となるためです。

十字架でのゆるしを受け入れなければいけないのは、私たちには罪の罰をとってかわることができないからです。

救われるとは、神様と個人的な関係を持つ事、とも言えます。神様と関係をもつには、罪を持ったままでは不可能です。キリストのゆるしを受け入れる(信じる)事によって、「義」となるー正しい者とみなされるーことができるのです。

それは、黒い服を着ている私たちに、白いきれいな服を上から着せて下さるような感覚でもあります。罪ゆえに壊れた神との関係が修復され(和解)神の意図された祝福を体験する歩みは、救われてこそ与えられるものです。

ここで注意して下さい。キリスト教で大きく違うのは、何かの良い行いによってではなく、神の恵みと、それを受け入れる信仰によって、あなたは救われるのです。

エペソ2:8、9

あなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。それは、自分自身から出たことではなく、神からの賜物です。行いによるのではありません。だれも誇る事のないためです。

今、あなたの前に、とってもおいしそうなチョコレートケーキがあるとします。ケーキではなく、上品な最高級のケーキです。もしそれを一口、口にいれると、とろけるおいしさでとっても幸せな気分になるでしょう。でも、眺めているだけでは、どれだけそのケーキがおいしいかは一生わかりません。

聖書が言う希望に満ちた新しい人生を経験するには、どれだけ聖書を勉強しても、どれだけクリスチャンと一緒に過ごしても、十分ではありません。自分の悔い改める心と、キリストへの信仰をもってはじめて、神の子としての素晴らしい人生を経験できます。

神様はあなたの目の前に、救いの手を差し出されています。神様はあなたの心の戸をいつもノックしておられます。でも決して無理に開けて入っては来られません。今、あなたからその戸を開き、神様をあなたの人生に迎える事を神様は求めておられます(黙示録3:20)。

下の祈りはあなたの心をあらわしていますか? もし読んだ後、自分の心をあらわしているなら、神様にそのように自分でお祈りして見て下さい。そして、神様の子として歩み、聖書に書かれている真実を学んで下さい。あなたが、神様の恵みをたくさん受けて、喜びにあふれた人生を送れますように。

 

『私の人生を創造された、この世で唯一の神様、私のことを愛して下さりありがとうございます今まであなたのことを知らずに歩み、罪深い生活を行っていた事を、認めます。イエスキリストの十字架での死が、私の罪の身代わりであったことを、ありがとうございます。私の罪がすべてゆるされていることを感謝します。これから、私の人生を正しい方向へと導いて下さい。』

 

ローマ書10章9,10節

もしあなたの口でイエスを主と告白し、あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせてくださったと信じるなら、あなたは救われるからです。人は心に信じて義と認められ、口で告白して救われるのです。聖書はこう言っています。「彼に信頼する者は、失望させられることがない。

 

参考資料

ローマの道

神様に出会う道

「わたしの子よ、、、」